任意整理 とは 手続き 方法

任意整理の手続き方法

任意整理について相談する

 

債務整理を検討している多重債務の人からもっとも選択する人が多い手続きが任意整理です。任意整理は債権者側と直接減額交渉し、返済総額から金利分をカットすることが可能なのです。
つまり、返済していける額まで借金を減らしてもらい、残った借金を返済していくというもの。ですからカードローンやキャッシングなど金利の高い金融商品を利用している人にとっては非常に有効といえるものです。
それでは任意整理の手続き方法はどのように進めていけばいいのでしょうか?これは自分でやることもできますが、債権者との交渉等をしなければならないので弁護士や司法書士に依頼するのが一番いいでしょう。
ですからまずは依頼する弁護士・司法書士選びをするわけですが、この際に重要なのが信頼できる人に依頼することです。これはインターネット等を利用して評判を見たり、直接話してみた感触で判断するといいでしょう。

 

依頼する人が決まったら後は弁護士・司法書士が債権者との交渉を進め、その結果に基づいて残りの返済額を返していきます。返済は依頼した弁護士・司法書士事務所へしますので、任意整理成立後は利用していた業者と関わることもありません。料金の支払いは最初に着手金を払い、その後成功報酬という形で払います。
ほとんどのところで1社あたりに成功報酬が発生しますので、複数から借りている人はその分費用も高くなります。しかし分割で支払ってくことも可能なところが多いので、もしお金に余裕がないのであればその旨を伝えてください。
残りの返済額をすべて返したら晴れて任意整理完了となります。

任意整理とは

一歩一歩任意整理で解決

債務整理を行っていくなかで、任意整理は比較的手続きが簡単な方法です。裁判所で手続きがある個人再生や自己破産とは違い、金融機関と話し合いをして、借金返済が可能な額まで減らしていく方法です。

借金を支払っていく意思があり、今後も返済をしていくことが可能な収入がある人に向いた債務整理方法です。
任意整理は抱えている借金のなかから、整理するものを選ぶことができます。金利の高い借金は任意整理をし、車のローンなど生活に必要なものに関しては、整理をせずにこのまま返済を続けるなど、自由に選ぶことができるのです。

 

任意整理を行う借金に対して、取引履歴をもとに利息の引きなおし計算をします。これまで返済してきたなかから過払い金が発生した場合には、その分を返してもらうことができます。
過払い金の返還請求や、今後返済していく分の利息をなくしてもらい、残金をどのように返済していくかを交渉していきます。この交渉に失敗してしまうと、借金の減額ができなくなるので、任意整理ではこの交渉が一番重要となってきます。負担の少ない返済方法で和解するために、交渉を有利に進めていく必要があります。

 

双方で和解が成立すると、返済計画に沿って残りの借金返済をしていくことになるのですが、一般的には3年から5年の間で、分割して返済を行っていきます。
返済をするために収入があることが、任意整理ができる条件ですが、病気や怪我などで収入が減ってしまう可能性もあります。
負担を少なくすることも大切ですが、任意整理で出した返済方法を守らなければ、再度債務整理をすることになります。計画的に返済できる条件を整えていきましょう。

任意整理のデメリット

任意整理のメリットとデメリットのバランスを考える

任意整理では借金のすべてをなくすことは難しく、利息の引きなおし計算をしても、利息が上限金利内であった場合は借金返済額を減らすことができません。

他の債務整理と比べると、借金返済額を減らす効果が低いといえます。そのため債務整理のなかで任意整理はデメリットが最も少ない方法なのです。

 

任意整理のデメリットは、信用情報に債務整理をしたことが記載され、新たな借入やクレジットカードを作ることができないことです。
ですが債務整理をすると記載されるということは、他の方法でも同じように記載をされるということです。任意整理に限ったデメリットではなく、債務整理に共通したものといえるでしょう。

 

借金返済に困っているならば、まずは専門家に相談をし、自分がどの債務整理をしたほうがよいのかを知ることです。
任意整理ができる条件に当てはまった場合は、今のまま苦しい借金返済生活を続けるよりも、任意整理をして負担を減らすほうがメリットが多いのです。

 

信用情報に傷がつくのが気になるかもしれませんが、事故情報は5年が過ぎると消えます。その間に借金地獄に陥った問題を解決する時間にあてることで、5年が過ぎる頃には借金とは縁のない生活を送れるようになっているかもしれません。
最近はクレジットカードを利用することでポイントが付くなど、お得になることもありますが、まずは収入に合った生活を送る努力をするべきです。任意整理のデメリットは、見方を変えるとメリットになるものです。

 

借金返済できないのトップページへ戻る借金返済できない時の詳細はこちらからトップページをご確認ください。どうしても返せなくなった時の対処法を紹介しています。

関連ページ

多重債務にならないために−まず返済計画
多重債務にならないために一番重要なことは、まず返すことを忘れないことです。借りることと同時にきちんとした返済計画を考えなければいけません。
借金をしていることを認識する
借金をしていることをきちんと認識することが大切です。気軽に借りられる時代になりお金を借りている感覚が薄くなっているようです。
債務整理の方法
債務整理とは法的に借金の問題を解決していこうということです。債務整理とひとことで言いますがその方法はいくつかあります。あなたの現状やケースに最適な債務整理方法を選びましょう。
民事再生とは?手続きの方法は?
民事再生をざっくりした説明をすると任意整理と自己破産の中間くらいの債務整理の手段です。任意整理と大きく違うのは裁判所を介して借金の元金を大きく減らすことができることです。
自己破産を選ぶべき場合はこんなとき
自己破産は借金を全てゼロにすることができる債務整理の方法です。合法的に借金をなかったことにできるのですからそれなりのペナルティーもあります。自己破産を選ぶべきなのは?
特定調停とは? 手続きの方法は?
特定調停とは裁判所を介して債権者と話し合いをしていく方法です。時間と手間はかかりますが自分で必要書類を用意することで費用を抑えることが可能です。
過払い金とは何?どういうもの?
法律事務所などで盛んに宣伝している過払い金請求。よく聞く割によくわからない過払い金とはいったいどういうものなのでしょか。
なぜ多重債務者が減らないのか
貸金業も整備され借金に関する情報も豊富にある時代ですが多重債務に陥る人が減ることがありません。
多重債務者を減らすには
多重債務者を減らすにはまず返済を考えること。お金を借りることによって生じるリスクやデメリットをよく認識することが大切になってきます。
金融商品のシステムを理解する
自分が利用している借金のシステムについてどれだけのことを理解しているでしょうか。返済や金利について充分に理解して利用するべきなのです。