債務整理 方法

債務整理の方法はひとつではありません

債務整理の方法はひとつではない

 

債務整理とは、借金返済の苦しみから法的に助けてもらうことができる方法です。債務整理には具体的に4つの方法があり、手続きの仕方が違ってきます。
簡易裁判所の仲裁のもとで返済条件の見直しを図る「特定調停」、双方同士の話し合いで借金を減額してもらう「任意整理」、再生計画案を提出し裁判所から認可を受ける「個人再生」、破産宣告を受けて借金を免除してもらう「自己破産」などがあり、それぞれ個人の問題に合った整理方法を取る必要があります。
自分自身で債務整理を行うことで、弁護士への依頼料などを抑えることができます。ですが、どの方法を取るべきか、判断をするのは難しいといえるのではないでしょうか。

 

書籍やインターネットなどで勉強をして、手続きをするための書類を準備する必要があります。しかしその間も借金返済は続いており、返済をやめてしまうと支払いの督促や取り立てを受けることになります。
そんななかで債務整理の準備をするために時間を作るのは、かなり難しいといえるでしょう。専門家に依頼をすると取り立ての心配はなくなり、専門家は個人の事情を考慮しながら、債務整理の方法を検討していきます。安心して自分に一番ベストな方法を選ぶことができるのです。
ですが、すべて専門家任せにしてしまわずに、債務整理の内容をある程度は理解する必要があるのではないでしょうか。債務整理には借金返済額が減らせるというメリットがありますが、債務整理をすることで生じるデメリットもあるからです。

借金返済できないのトップページへ戻る借金返済できない時の詳細はこちらからトップページをご確認ください。どうしても返せなくなった時の対処法を紹介しています。

借金返済できないのトップページへ戻る借金返済できない時の詳細はこちらからトップページをご確認ください。どうしても返せなくなった時の対処法を紹介しています。

関連ページ

多重債務にならないために−まず返済計画
多重債務にならないために一番重要なことは、まず返すことを忘れないことです。借りることと同時にきちんとした返済計画を考えなければいけません。
借金をしていることを認識する
借金をしていることをきちんと認識することが大切です。気軽に借りられる時代になりお金を借りている感覚が薄くなっているようです。
任意整理とは何?手続きの方法は?
債務整理を実際にした人の中で、この任意整理を選んだ人が一番多いのです。おおまかに言うと返済が可能な額に借金を減らしてもらい残りを返していくという手続きです。
民事再生とは?手続きの方法は?
民事再生をざっくりした説明をすると任意整理と自己破産の中間くらいの債務整理の手段です。任意整理と大きく違うのは裁判所を介して借金の元金を大きく減らすことができることです。
自己破産を選ぶべき場合はこんなとき
自己破産は借金を全てゼロにすることができる債務整理の方法です。合法的に借金をなかったことにできるのですからそれなりのペナルティーもあります。自己破産を選ぶべきなのは?
特定調停とは? 手続きの方法は?
特定調停とは裁判所を介して債権者と話し合いをしていく方法です。時間と手間はかかりますが自分で必要書類を用意することで費用を抑えることが可能です。
過払い金とは何?どういうもの?
法律事務所などで盛んに宣伝している過払い金請求。よく聞く割によくわからない過払い金とはいったいどういうものなのでしょか。
なぜ多重債務者が減らないのか
貸金業も整備され借金に関する情報も豊富にある時代ですが多重債務に陥る人が減ることがありません。
多重債務者を減らすには
多重債務者を減らすにはまず返済を考えること。お金を借りることによって生じるリスクやデメリットをよく認識することが大切になってきます。
金融商品のシステムを理解する
自分が利用している借金のシステムについてどれだけのことを理解しているでしょうか。返済や金利について充分に理解して利用するべきなのです。