過払い金 何

過払い金とは

過払い金を取り戻したい

 

借金返済を行っている間、利息を一緒に支払っていることは承知のことと思いますが、払い過ぎている利息は返してもらうことができるのです。出資法と利息制限法の上限金利には差がありました。これをグレーゾーン金利と呼びますが、法改正が行われるまでグレーゾーン金利を取り続けた業者があります。
出資法の上限金利は超えると刑事罰が科せられますが、利息制限法の上限金利を超えても民事上では無効な金利であるのに、刑事罰が科せられることはなかったのです。過払い金とは借金返済の間に支払い続けたグレーゾーン金利のことで、支払う必要がなかったお金です。

 

法改正でグレーゾーン金利が廃止される前に借金をしたことがある人は、過払い金が発生している場合が多いので、確認することを薦めているのです。過払い金の返還請求で戻ってきたお金を、返済中の借金返済にあてることで借金を減らすことができます。
過払い金は返還請求をしなければ、戻ってくることはありません。そして過払い金にも時効があり、最後の取引から10年が経過してしまうと、時効が成立してしまいます。

 

過払い金返還請求をする場合には、まずは借入先に取引履歴を請求しましょう。過払い金がどのくらいになるか計算するためには、正確な情報が必要になるので、取引履歴が必ず必要になってきます。
計算が難しいと思う場合や計算間違いをするかもしれないと思う場合は、取引履歴を持って専門の司法書士や弁護士に相談に行くとよいでしょう。また、最初からこれらの専門家に依頼すると、借入先さえわかれば取引履歴など全て調べてもらうことができます。

過払い金請求のデメリット

過払い金請求を行う場合、請求をするタイミングを考えたほうがよい場合があります。すでに完済している場合の過払い金請求は、何も心配することはありません。むしろ時効が来る前に、早急に手続きをするべきです。
注意が必要なのは借金返済中に過払い金請求を考えている場合です。完済している場合と借金返済中の過払い金請求では、性質が違います。
借金返済中の過払い金請求は債務整理扱いになり、債務整理を行うと信用情報機関に登録されます。

 

また借金返済中の過払い金返還請求でも、戻ってきた過払い金で借金が完済できる場合と、借金がまだ残ってしまう場合では違いがあります。過払い金で借金がなくなる場合は、登録された情報は削除されます。
少しでも借金返済額を減らすために過払い金を請求するのであれば、債務整理を行うつもりでいましょう。過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼をした場合、受任通知が金融機関に送られます。
受任通知が届いたことを、金融機関は信用情報機関に情報を提供します。債務整理として信用情報に登録されるのはこの時です。

 

依頼する前に取引履歴を自分で請求してそれから相談をする、というかたちを取ることで、過払い金請求による、信用情報に関するデメリットを多少は減らすことができます。
過払い金返還請求をした金融機関からは、新たな借入をすることができない場合があります。借入ができるところが減ることになりますが、いくつもの借入先が必要にならないようにすることが重要です。

借金返済できないのトップページへ戻る借金返済できない時の詳細はこちらからトップページをご確認ください。どうしても返せなくなった時の対処法を紹介しています。

関連ページ

多重債務にならないために−まず返済計画
多重債務にならないために一番重要なことは、まず返すことを忘れないことです。借りることと同時にきちんとした返済計画を考えなければいけません。
借金をしていることを認識する
借金をしていることをきちんと認識することが大切です。気軽に借りられる時代になりお金を借りている感覚が薄くなっているようです。
債務整理の方法
債務整理とは法的に借金の問題を解決していこうということです。債務整理とひとことで言いますがその方法はいくつかあります。あなたの現状やケースに最適な債務整理方法を選びましょう。
任意整理とは何?手続きの方法は?
債務整理を実際にした人の中で、この任意整理を選んだ人が一番多いのです。おおまかに言うと返済が可能な額に借金を減らしてもらい残りを返していくという手続きです。
民事再生とは?手続きの方法は?
民事再生をざっくりした説明をすると任意整理と自己破産の中間くらいの債務整理の手段です。任意整理と大きく違うのは裁判所を介して借金の元金を大きく減らすことができることです。
自己破産を選ぶべき場合はこんなとき
自己破産は借金を全てゼロにすることができる債務整理の方法です。合法的に借金をなかったことにできるのですからそれなりのペナルティーもあります。自己破産を選ぶべきなのは?
特定調停とは? 手続きの方法は?
特定調停とは裁判所を介して債権者と話し合いをしていく方法です。時間と手間はかかりますが自分で必要書類を用意することで費用を抑えることが可能です。
なぜ多重債務者が減らないのか
貸金業も整備され借金に関する情報も豊富にある時代ですが多重債務に陥る人が減ることがありません。
多重債務者を減らすには
多重債務者を減らすにはまず返済を考えること。お金を借りることによって生じるリスクやデメリットをよく認識することが大切になってきます。
金融商品のシステムを理解する
自分が利用している借金のシステムについてどれだけのことを理解しているでしょうか。返済や金利について充分に理解して利用するべきなのです。