自己破産 手続き デメリット

自己破産とはどういうこと?

収入が減った、なくなった、借金の残額が収入で返せる限界を超えているなどいろいろな理由から、今後、借金を返済していける可能性がなくなった、いわゆる「支払い不能」の状態になってしまった時に自己破産を選択することになります。
ここでの「支払不能の状態」というのはどういうことかというと、お金を借りて返済し続けている人、つまり債務者であるあなたの現状によって支払不能なのかという判断基準が変わってきます。残っている借金の残額、現在、そして将来的に得られる収入、いま持っている財産などを総合的に判断して判断することになります。

 

自己破産とはどういうことか具体的に言うと・・・
「破産申立書」を裁判所に提出し「免責許可」をもらうことで成立します。そうなるとすべての借金をゼロにして全てを免除してもらえることになります。
つまり自己破産を裁判所に認められると、その後は借金を返済する必要は一切なくなるのです。

 

上記のように自己破産するといままでに借りたお金を返さなくても済むのですから、それ相当するだけのペナルティー、デメリットがあります。
それにはどのようなことがあるのかを一応把握していてください。
ただし、日常生活を普通どおりに送っている中で大きな支障に直面するような行動制限や罰則があるわけではありません。
ですから、デメリットを過度に恐れて無理な生活をおくるよりも、大きな借金を抱えて辛い毎日を送っているのであれば、思い切って自己破産することがおすすめです。。

自己破産の手続き、デメリットなどは?記事一覧

自己破産をするということは、言葉のなかでは一番知られているようで、内容はよく知られていないものかもしれません。借金返済ができなくなった場合の解決方法は自己破産だけではありませんし、どういった仕組みであるかを知った上で選択をすることが重要です。自己破産はすべての借金返済から抜け出すことができる良いイメージと、自己破産した後の生活に支障が出るなどの悪いイメージとが混在しています。正しく認識をすることで...

自己破産を利用するには、2つ条件があります。借金返済が支払不能な状態であることと、過去7年間に免責を受けたことがないことです。自己破産や免責は原則として1回のみ認められることであり、そう何度もあっていいことではないという考えからです。過去に自己破産などで免責を受けたことがあっても、7年経過している場合は免責不許可事由にはなりません。この2つに当てはまる場合には、借金返済の解決に自己破産を利用できる...