借金返済

借金返済するためにはどうする

借金は少なく返済は早く

 

借金を返済するためには資金が必要です。借金返済を上手にしている人は、返済を最優先にします。

 

借金返済を後回しにする人は返済不能になりやすいです。借金をしていることはリスクを抱えていることを理解すべきでしょう。ではどうすれば良いのでしょうか。

 

できるだけ早く返すことを心がけたい

借金返済のコツは難しくありません。早く返せばいいのです。借金返済ができず借金問題に苦しむ人は借金返済を後送りにしています。それだけの違いです。

 

収入の多寡はあまり関係ないと言っていいでしょう。収入が少ない人の方が危機感を持って早めに返済しますし、無理な借金をしないものです。

 

……と言葉にするのは簡単ですしこれが事実であり正論なのですが、実際感じ方考え方は人それぞれ、そして生活や境遇も千差万別です。

 

ここに書いたとおりにできれば誰も苦労はしないものですし、借金を背負って苦しい生活する人などいなくなってしまうでしょう。

 

しかし、借金地獄を垣間見て苦労してきた私としては、皆さんに同じ轍は踏んでほしくないと願うのみ。ここに紹介したことを心の片隅に置いていただければ幸いです。

 

上手なカードローン利用方法

カードローンを上手に利用する人は早く返済することを心がけています。

 

銀行や消費者金融は、最低返済額を決めていますが、これだけの返済では借金返済は進みません。利息を支払っているだけだからです。

 

上手にカードローンを利用している人は、繰上返済を積極的にしています。

 

そのため、ローン残額がゼロになっている期間が長いです。借金問題とは無縁であることがお分かりでしょう。

 

利率の高さが気にならない

カードローンを上手に利用する人はローン残高が少ないので利率が高くても、利息の金額が多くなりません。

 

そのため、利率が高いはずのカードローンであっても実際の支払額は多くならないのです。

 

カードローンは機動性の高い借入方法です。しかし、利率が高く、何時でも返せる気軽さから借金問題の原因になると言われています。

 

ただ、このようにすれば借金返済が進み、問題が生じることはありません。

 

返済を後回しにすることは避けたい

 

生活費もギリギリ返済が困難

 

借金返済を後回しにしてしまうと借金問題が生じます。借金返済を遅らせることで残額が減らず利息支払額がふえるのです。

 

また、新しく借り入れをしてしまうともっと始末が悪くなります。

 

銀行や消費者金融が設定する最低支払額は、残額によって決まります。

 

返済が進まないのに借り入れが増えれば返済額が増加することは当然です。こうして、借金返済に行き詰まってしまいます。

 

浪費癖が付くと後戻りできない

借金問題は収入の多い人ほど発生しやすいと言われます。何時でも返済できるからと返済より借りる方を優先してしまうからです。

 

そして、カードローンの借入ができなくなり、別の銀行や消費者金融で借りるようになります。

 

このような人は浪費癖が付いているので正常な生活に戻ることが難しいです。後戻りができないのです。

 

借り入れができなくなり、借金返済に行き詰ってから初めて問題に気が付くのです。

 

返済より消費を優先すると…

借金返済より消費を優先すれば借金残額が増加することは当然です。

 

あとで返せばいいやと思ってしまうと、際限なく借りてしまうことになります。こうなる前に手を打たなければいけません。

 

計画返済の必要性

 

早め早め前倒しで返す

 

ここで重要になるのが計画返済です。計画返済とは、カードローンであれば繰上返済をすることを言います。

 

最低支払額だけを返済することは計画返済とは言いません。残額が減らなければ意味がないのです。

 

カードローンの最低返済額は利息だけ

銀行や消費者金融が決めている最低返済額は利息を回収することを主眼としています。そのため、最低支払額だけ返済しても元本は減らないのです。

 

最低返済額はできるだけ少額に設定されています。なぜなら、この金額を大きくすると「使い勝手が悪い」と判断されるためです。

 

繰上返済しないと完済できない

カードローンは繰上返済しないと完済などできません。マイカーローンなどのローンは返済スケジュールが決まっていますし、追加借入ができないので借金問題は起きにくいです。

 

しかし、追加借入ができて、返済も自由なカードローンは自分で返済する意思を持たなければ債務残額が減りません。

 

このことを知らない人が多いので借金返済が進まず、借金問題が解決しないのです。

 

借金のリスクと対処

 

借金問題解決してスッキリ

 

借金をするとリスクが生じます。返済できなくなるリスクです。このリスクを現実のものとしてはいけません。

 

しかし万が一借金のリスクが現実のものとなってしまったら無理は禁物です。自力返済ができないと思ったら、債務整理の決断も必要でしょう。債務整理も一つの借金返済の方法です。

 

収入の減少

借金のリスクが現実のものとなるきっかけとして、収入の減少が挙げられます。リストラや減給がこの原因です。

 

こうなると返済ができないのは当然であり、節約などをしても対応できません。無理をしても借金返済は進みません。

 

債務整理の決断も一つの方法

この場合、早めに債務整理の決断をすることが借金返済に向けた有効な方法となります。

 

債務整理を得意とする弁護士さんをネットで探すことは難しくありません。東京などの都心部だけに集中しているわけではないのです。

 

初回の無料相談を受けることで、どのような方法で自分の借金返済を進めることができるか道が開けるでしょう。どうしようもなくなったら無理をせず早めの決断がお勧めです。

 

借金返済できないのトップページへ戻る借金返済できない時の詳細はこちらからトップページをご確認ください。どうしても返せなくなった時の対処法を紹介しています。

借金返済するためには記事一覧

専門家に相談することを決めたならば、どこに相談するかを決めなくてはいけません。公共機関や法律事務所など、相談できるところは多くありますが、重要なのは借金問題に詳しいかどうかということです。法律の問題を扱う専門家といっても得手と不得手があり、仕事の仕方に違いが出てきます。場所が近い、知り合いだからなどと、調べずに決めてしまうと、結果に大きな違いが出てくる場合があります。借金返済の問題を多く経験した専...

借金返済を計画的に行うには、現状を把握するのが1番です。借金をする際に無計画だったならばなおさらです。インターネットができる環境があるならば、簡単に借金返済のシミュレーションができるサイトがたくさんあります。もちろんスマホでも利用できます。借入の金額や金利のパーセンテージ、月々の返済金額を入力することで、簡単に返済総額や利息額の計算してくれます。もしこれから借金をするときにも、返済額がどのくらいに...