違法 取り立て

違法な取り立てにはNOを

取り立ては大きなプレッシャー

 

借金返済が滞るとひどい取り立てにあうのではないか、と不安に思うかもしれません。しかしドラマのような借金の取り立ては大げさに見せているわけではなく、本当にありえることなのです。
法律で禁じられている方法での取り立ては、弁護士などに相談をするか、警察に通報することで止められます。怖がらずに自分の身を守る選択をするべきです。

 

取り立てを行い方にもきちんとルールが決められており、それ以外の行為は違法となります。取り立てができる時間帯以外の電話や訪問や、あまりにも連絡が取れないなどの理由がない限りは自宅以外の連絡先、勤務先などへの連絡が禁じられています。
本人以外の人に迷惑がかかる行為や借金についての情報を知らせることもできません。自宅への取り立てで居座って帰らないときや張り紙など、借金の事実を第三者に知らせることもプライバシーの侵害になります。

 

新たに借金を迫る行為や肩代わりを促したり、債務整理通知後の取り立ても禁止されています。借金返済中も平穏な生活を送ることができるように、法律で守られています。違法な取り立ては止めさせることができるのです。
ですが、ルールに基づいた取り立ては業者側にとっては正当な権利です。連絡が来た場合には逃げずに何らかの回答を用意しなければ、対応はどんどん厳しくなっていきます。
今すぐには返せなくても、いつまでにならば返すことができるか、具体的な日付を告げると話は意外に早く終了します。借金返済と取り立てはセットではありません。取り立てにあわないような返済計画を立てることが重要です。

借金返済できないのトップページへ戻る借金返済できない時の詳細はこちらからトップページをご確認ください。どうしても返せなくなった時の対処法を紹介しています。

関連ページ

借金返済のために多重債務となってしまう?
借金返済のために多重債務に陥ってしまう仕組み。実は誰もが簡単になってしまう可能性があります。自分の収入以上のお金を使ってしまうのは厳禁です。
借金返済に困ったらどうなる?
借金返済に行き詰まることは実を言うととても多いのです。仕事ができなくなれば収入がなくなり、とたんに返済に窮してしまいます。非正規雇用が増加し続けている現在は全く珍しいことではありません。
借金返済の心構え
借金返済を返済していくため、また借金を返せなくなった時にどんな対応策があるのか、どういう考え方を心得るべきなのかをご紹介していきます。
借金返済の悩みがあれば相談を
借金返済できない、そんな悩みがあるなら早めに専門家、つまり借金問題に詳しい弁護士、司法書士などに相談すべきです。時間が経つほど解決が難しくなりがりだからです。
借金返済にも時効がある
借金返済にも時効があるということは、なかば都市伝説のようになっていますが、条件がいくつかあるものの実際に時効が存在しますし、それにより返済の義務はなくなります。