借金返済 時効

借金返済にも時効がある

借金にも時効があったなんて

 

借金返済は完済しない限り支払いが永遠に続く、というわけではありません。ですが時効の成立には一定の条件があり、時間が解決するというわけではないので、注意が必要です。
時効が成立すると借金返済の義務はなくなりますが、お金を借りた先に時効の利益を受けることを、自ら示さなくてはなりません。配達証明付きの内容証明郵便を使って通知書を送ることで、時効の援用を受けることが一般的です。
配達証明付き内容証明郵便で送る理由は「こういった内容の文書を何月何日に送りました」ということを日本郵便が証明してくれるからです。文書の到達や内容の証明は大切な証拠となりますので、必ず利用しましょう。

 

借金返済の時効は通常の時効とは違い、意思表示をして初めて成立するものなのです。お金を貸した側が簡単に権利を消滅させるわけがありません。
貸したものが返ってこないのでは、不利益でしかないのですから、何としてでも取り戻そうとするでしょう。借金返済の時効とはあくまで貸した側の権利が消滅する時効で、それに伴って借りた側にも返済義務がなくなるのです。

 

請求があったり差し押さえにあった場合には、権利を行使した結果です。お金を借りた側が借金の返済を認めてしまった場合にも、時効は中断されます。
時効が中断されるとその分返済期間は延長されますので、時効の援用を受ける場合には、時効状態にあるかを確認することが大切です。援用を受けるための手続きは自分でもできますが、まだ時効になっていなかったということもありえます。
間違いがあってはいけないので、専門家に時効状態を確認してもらうことをおススメします。

借金返済できないのトップページへ戻る借金返済できない時の詳細はこちらからトップページをご確認ください。どうしても返せなくなった時の対処法を紹介しています。

関連ページ

借金返済のために多重債務となってしまう?
借金返済のために多重債務に陥ってしまう仕組み。実は誰もが簡単になってしまう可能性があります。自分の収入以上のお金を使ってしまうのは厳禁です。
借金返済に困ったらどうなる?
借金返済に行き詰まることは実を言うととても多いのです。仕事ができなくなれば収入がなくなり、とたんに返済に窮してしまいます。非正規雇用が増加し続けている現在は全く珍しいことではありません。
借金返済の心構え
借金返済を返済していくため、また借金を返せなくなった時にどんな対応策があるのか、どういう考え方を心得るべきなのかをご紹介していきます。
借金返済の悩みがあれば相談を
借金返済できない、そんな悩みがあるなら早めに専門家、つまり借金問題に詳しい弁護士、司法書士などに相談すべきです。時間が経つほど解決が難しくなりがりだからです。
違法な取り立てにははっきりNOという
借金の返済が滞ると入金を催促されることになりますが、想像するような威圧的な取り立ては確実に違法なものです。