借金返済 無理 なぜ

借金返済のための多重債務

クレジットカードをショッピングだけでなく

 

借金をすること自体は悪いことではありませんが、肝心なのは借金返済の計画をきっちりと立てることです。身近になったクレジットカードにも、多重債務に陥りやすい要因があります。ショッピング枠とキャッシング枠が、同じカードで利用できることです。
クレジットカードには買い物時に利用するショッピング枠と、銀行のATMから引き出すように現金を借りることができるキャッシング枠があります。新たな手続きをせずに現金を借りることができるので、手軽で便利な機能なのです。

 

ですが、現金を手にするまでの過程が似ており、自分の貯金を引き出しているような錯覚に陥りやすくなります。キャッシングを利用するときには、金利が加算されるのを忘れてはいけません。
借りた金額に締め日までの日数で計算した利息が、プラスして請求されるのです。ショッピング枠と同じように利用すると、思っていた以上の利息が付くので注意が必要です。ショッピング枠のなかにも、金利が付くものがあります。
リボ払いは月々の支払いが定額になって管理がしやすく、支払いの負担が軽いのが特徴です。しかし金利がどのくらい付くのか、返済期間がいつまでになるのか、利用の前には必ず確認すべきです。

 

手軽で便利だからこそ注意をしなければ、誘惑に負けてしまったり、足りないものを補うために、すぐに手を出してしまう結果となります。収入に見合った金額以上の借金は、返済をするためにまた借金をするという、悪循環を引き起こすことになりかねません。借金返済のための借金は、多重債務に陥る始まりです。借金返済の限界が目前に迫っている証拠です。

借金返済できないのトップページへ戻る借金返済できない時の詳細はこちらからトップページをご確認ください。どうしても返せなくなった時の対処法を紹介しています。

関連ページ

借金返済に困ったらどうなる?
借金返済に行き詰まることは実を言うととても多いのです。仕事ができなくなれば収入がなくなり、とたんに返済に窮してしまいます。非正規雇用が増加し続けている現在は全く珍しいことではありません。
借金返済の心構え
借金返済を返済していくため、また借金を返せなくなった時にどんな対応策があるのか、どういう考え方を心得るべきなのかをご紹介していきます。
借金返済の悩みがあれば相談を
借金返済できない、そんな悩みがあるなら早めに専門家、つまり借金問題に詳しい弁護士、司法書士などに相談すべきです。時間が経つほど解決が難しくなりがりだからです。
違法な取り立てにははっきりNOという
借金の返済が滞ると入金を催促されることになりますが、想像するような威圧的な取り立ては確実に違法なものです。
借金返済にも時効がある
借金返済にも時効があるということは、なかば都市伝説のようになっていますが、条件がいくつかあるものの実際に時効が存在しますし、それにより返済の義務はなくなります。