借金返済 無理 なぜ

借金返済が無理になるのはなぜ?

借金を不用意に重ねると

 

借金返済が無理になることがあります。理由として、借金残額が増えすぎたことと、収入が返済に追いつかないことが挙げられます。

 

しかし、それ以外にも「返せるのに返さない」という理由もあります。「借りたお金はすぐ返す」という意識を持つことが大切です。

 

借金返済が無理になる理由

借金返済が無理になる理由はいくつか考えられるでしょう。その理由を大別すると、残額が増えることと、返済資金が不足することの二つが挙げられるでしょう。

 

残額が増える

借金残額が増えれば返済が難しくなることは当然です。借入を増やしても返済が問題なければ、危険だと注意することはありません。

 

いい気になって使い続け、返済が難しくなってきてから「しまった」と後悔する人が多いのです。

 

これはカードローンなどの借金に限らず、クレジットカードのリボ払いなどでも同じことが言えます。

 

クレジットカードのリボ払いを借金と思っていない人が多いようですが、一括払いの資金を信販会社から借りていると言えばわかりやすいでしょう。

 

収入が追い付かない

借金残額が増えなくても、何らかの事情で収入が減ると返済が厳しくなります。

 

借金をしていることはリスクがあると言われます。そのリスクとは返済ができなくなることです。今は滞りなく返済ができていても、将来収入が減るリスクは誰にでもあります。

 

収入が減ったときに借金が残っていたら最悪でしょう。自分の収入は借金返済だけに使っているわけではありません。生活費だって当然必要です。収入減少も借金返済が無理になる理由です。

 

こんな理由もあります

 

もうお金が底をついた

 

また、借金返済が無理になる理由として油断が挙げられます。

 

最低返済額

消費者金融もクレジットカードのリボ払いにも最低返済額というものがあります。借りたり、利用したりする金額と比べると非常に少額なので「返済は楽勝」と思ってしまうかもしれません。

 

しかし、余りに金額が少額な場合は要注意です。利息しか支払っていない場合がほとんどでしょう。

 

特に銀行系カードローンの中には、利息回収しか前提としていないと思われるような低額に設定していることがあります。

 

これでは返済が進むわけがありません。その上で更に借りてしまったらどうなるかお分かりでしょう。借金返済が無理になるのも当然です。

 

気の緩み

このような事になるのは自分の気の緩みも一つの原因です。

 

最低返済額で安心してしまうのも気の緩みですし、まだ借りることができるから大丈夫と借り続けるのも気の緩みと言えます。

 

この程度の返済で消費者金融も信販会社も文句を言わないからいいだろうと思ってはいけません。それは消費者金融や信販会社が気を遣っているのではなく、永遠に利息を支払わせようとするワナです。決して厚意ではありません。

 

借りたお金はすぐ返そう

 

返すお金は確保したい

 

借金返済を無理なくするためには、早く返すことが第一です。ただ、借金返済はどうしても後回しにしてしまうことが多いでしょう。嫌なことは後回しにしてしまいがちです。

 

しかし、そこを頑張って早期返済するのが上手な借金の使い方につながります。

 

カードローン上級者のコツ

カードローンは多重債務の元凶だと言われます。しかし、上手に使っている人は利息に苦しむことなく、最低限の負担で利用しているのです。

 

給料日前にちょっと苦しくなったからと借りる場合でも、給料日に繰上返済で全額返しています。請求されるのは百円単位の利息だけですからすぐに返してしまうでしょう。

 

こうすることでカードローンと上手に付き合うことができます。

 

リボ払いは使わない

また、クレジットカードを利用する際は一回払いを徹底することが大切です。不必要にリボ払いは使っていけません。

 

リボ払いは借金ですし、カードローンに比べて繰上返済がしにくいことが多いです。また、気軽に利用できてしまうため金額が膨れ上がりやすくなります。

 

もちろん高額商品の購入にはリボ払いが欠かせません。この際も、毎月の返済額をできるだけ上げて、早期に返してしまうことが大切です。

 

どうしようもなくなったら

 

ここで借金問題は解決しておきたい

 

ただ、そうは言っても現実に借金返済が難しくなってしまう人はいます。こうなったら仕方ないので、早めに債務整理を決断することをお勧めします。

 

債務整理の決断はお早めに

債務整理の決断を早めにすることをお勧めするのは、借金返済が難しくなると、どうしても他の消費者金融に頼ってしまうからです。つまり多重債務の原因になります。

 

資金がないから返済できないのであり、他の消費者金融から借りても一時しのぎに過ぎず、問題は解決しません。それどころか事態は悪化する一方でしょう。

 

早めの相談が負担を減らす

債務整理の決断が早いと、借金の残額が少ないので負担の少ない債務整理が可能になります。任意整理のような債務整理であれば、職種により就業の制限を受けたりせず周囲に内緒で債務整理ができます。

 

しかし、自己破産のような強力な債務整理を使わなければいけなくなると、財産を失うなどのデメリットが生じてしまいます。早めの対応がお勧めです。

 

\まずは気軽にCHECK/

あなたの借金をどれだけ減らせるかを

匿名・完全無料で診断できます。

匿名無料メール診断

 

借金返済できないのトップページへ戻る借金返済できない時の詳細はこちらからトップページをご確認ください。どうしても返せなくなった時の対処法を紹介しています。

借金返済が無理になるのはなぜ?記事一覧

借金をすること自体は悪いことではありませんが、肝心なのは借金返済の計画をきっちりと立てることです。身近になったクレジットカードにも、多重債務に陥りやすい要因があります。ショッピング枠とキャッシング枠が、同じカードで利用できることです。クレジットカードには買い物時に利用するショッピング枠と、銀行のATMから引き出すように現金を借りることができるキャッシング枠があります。新たな手続きをせずに現金を借り...

借金返済は借りた者の義務なのですから、返済が滞ると何らかの連絡が来るのは当たり前のことです。自宅や勤め先への電話、請求書や督促状など、時間がたつにつれて、内容はどんどん過激になっていくでしょう。取り立てはプレッシャーになるかもしれませんが、返済しないかぎり状況はもっと悪くなっていきます。親族にも連絡や取り立てがおよび、プライバシーはないも同然になります。心理的にもどんどんと今の状況から逃げ出したく...

当初は返せると思っていた借金が、どんどんと返済が難しくなって、それでもどうにかして自力で返済できる手段がないか、くまなく探すのではないでしょうか。真面目な性格の人ほどその傾向が強く、心配をかけたくないという気持ちから一人で解決しようとします。抱えてしまった借金を自力でどうにかするには、まずは借金についての情報を集めてみましょう。手軽にできる割には借金についてわからないことは多く、対策を立てるには不...

人に話しにくい悩みは誰しも持っていると思いますが、そのなかでもお金の話はなかなか相談しにくいものです。それが借金の問題となるとさらに難しいと思います。行き詰ってしまっているときには、話すことで精神的に楽になることがあります。ですがお金の話はどんなに仲が良くても、打ち明けるには勇気がいるのではないでしょうか。借金返済に悩んでいるときには安心感だけではなく、役立つ知識も必要です。いざ打ち明けても、相談...

借金返済が滞るとひどい取り立てにあうのではないか、と不安に思うかもしれません。しかしドラマのような借金の取り立ては大げさに見せているわけではなく、本当にありえることなのです。法律で禁じられている方法での取り立ては、弁護士などに相談をするか、警察に通報することで止められます。怖がらずに自分の身を守る選択をするべきです。取り立てを行い方にもきちんとルールが決められており、それ以外の行為は違法となります...

借金返済は完済しない限り支払いが永遠に続く、というわけではありません。ですが時効の成立には一定の条件があり、時間が解決するというわけではないので、注意が必要です。時効が成立すると借金返済の義務はなくなりますが、お金を借りた先に時効の利益を受けることを、自ら示さなくてはなりません。配達証明付きの内容証明郵便を使って通知書を送ることで、時効の援用を受けることが一般的です。配達証明付き内容証明郵便で送る...